保険の目的と保障内容

子どものための保険

我が子の将来の為に学資保険

子供が生まれたら、将来の事を心配するのは、親の正直な気持ちです。万が一、親が死亡するようなことがあれば、子供は十分な教育を受けることができるでしょうか。学資保険は、子供の入学や進学と節目に合わせて、お祝金や満期金が支払われる貯蓄性のある商品です。原則として親が契約者、子供が被保険者となりますが、時には祖父母が契約者となって加入することもあります。この商品の特徴として契約者が途中で死亡・高度障害となった場合には、以後の保険料の払込が免除されます。様々な種類がありますが、一般に契約者の年齢が高いほど、高くなりますので、父親に別の生保があるなら、母親を契約者にするのも一つの方法です。

こども保険の正体とは?

学資保険とは、その名称が示すように、子供がある一定の年齢に達した時(高校入学や大学入学など)に、その入学金などをまかなうために積み立てておくことが中心の目的である商品のことをいいます。子供にかかる医療や死亡時の保証その他を総称したものを子供保険いいます。こういうわけで、厳密に言えば、両者は異なる子供むけの商品なのですが、最近は医療や死亡時の保証、育英年金などが付加された(または特約で付加された)商品がありますし、学資の備えも含んだものもあります。今日の商品は、上述のように両者の違いが曖昧になっているのが現状です。

控除申請の手続の情報

Copyright 保険の給付金について All rights reserved.