保険の死亡保障について

保険の満期の時期

学資保険はただの積立ではない

学資保険の主な目的は、子供が大きくなったときの教育資金を貯めることです。しかし、それなら教育積立でも良いわけですね。しかし、これには保険と名がついているからには、保障という側面も持ち合わせているのです。たとえば子供死亡の場合に死亡給付金が受け取れます。金額は会社によってまちまちです。これまで支払ってきた掛け金が戻ってくるという程度のところが多いのではないでしょうか。あくまでも名目は教育資金なので、保障は小さいです。また、入院時の給付などは会社によってあるところとないところがあります。個々に合った商品を選択しましょう。

子供死亡の際の保障条件について

学資保険とは被保険者が子供で、契約者がその子供の扶養義務のある親などになる定期の商品です。ほとんどの場合、子供が高校か大学を卒業する見込みの18~22歳までの契約です。もし、その間に契約者が死亡した場合はそれ以降の支払いは免除になり、満期返済金や節目ごとのお祝い金などが保障されます。そして、被保険者である子供死亡の場合はその会社にもよりますが、死亡保障金額が設定されています。ですから、被保険者と契約者がセットで入るというのが大きな特徴なのです。ほとんどの人が入学などでお金が必要となるのでそのための貯金という意識が強いのですが、入る際には、子供死亡の際の保障条件もしっかり把握しておいたほうがいいと思います。

控除申請の手続の情報

Copyright 保険の給付金について All rights reserved.